探偵☆星鴨

探偵☆星鴨9話みんなの感想!星が念願の殺人事件の依頼を受ける

探偵☆星鴨9話のあらすじ

星(有岡大貴)は捜田刑事(岡田義徳)から、ついに念願の殺人事件の依頼を受けることになった! 唐戸(片山友希)も「すごい!」と喜ぶが、重要参考人は星の師匠・ジョー(堀部圭亮)で、師匠を追い込むことになる可能性も…。さっそく「タワシ殺人事件捜査本部」の張り紙を星の探偵事務所に掲げる捜田。だが一向にほかの刑事たちの気配がない。

捜田によると、刑事はみんな新しい担当刑事の横入(竹田光稀)の方に行ってしまい、ついて来たのはいつもの制服警察官二人だけ。「騙された!僕も横入派に!」と星と捜田が押し問答していると、嫌味たっぷりに横入が現れ、再び事件解決に向けて結束する星と捜田。事務所で事件の経緯を整理し、「現場百遍!」と探偵・黒谷(森廉)が殺されていた現場に向かう星たち。

https://www.ntv.co.jp/hoshikamo/story/09.html

探偵☆星鴨9話みんなの感想や口コミ

曽田が星鴨に殺人事件の捜査協力を正式に依頼し、星鴨は精力的に捜査を開始し、その最中、重要参考人であったジョー先生が連行されてしまいます。星鴨はジョー先生を犯人ではないことを確信するなどいよいよクライマックスに向けて本格的なミステリーとなってきました。いままでのフワフワとした展開から一転、次回は最終回。楽しみでなりません。

警察から「タワシ殺人事件」の捜査依頼を受けたものの、その重要容疑者は探偵業の師匠であるジョーという、板挟み状態の中で奮闘する星の姿が描かれた作品でしたが、個性的でコミカルな構成・演出と、劇団「ヨーロッパ企画」在籍の出演者たちが見せる独特のややアマチュア臭い演技が織り成す、とぼけた滑稽さが漂うドラマ空間が非常に印象的で、視聴していて大変楽しかったです。

主人公星がとうとう念願の殺人事件の依頼を受けることになり、意気込む者のその事件の重要参考人が星の師匠であるジョーというところが驚きました。調査もいつもの三人でやることになるし次の最終回でどうなるのかとても楽しみです。

星(有岡大貴)は捜田刑事(岡田義徳)から、ついに念願の殺人事件の依頼を受けることになった! 
さっそく「タワシ殺人事件捜査本部」の張り紙を星の探偵事務所に掲げる捜田。だが一向にほかの刑事たちの気配がない。
事件現場に残されていたタワシと赤いヒールの謎とは!? 赤いヒールの持ち主を探るため、聞き込みに走る星と捜田。
 星は殺人犯の秘密を暴き、事件の謎を解くことが出来るのか!? いよいよタワシ殺人事件の謎が紐解かれ、まさかのクライマックスへ!?

私はHey!Say!JUMPファンなので、こういったアンケートを作ってくださってとても嬉しいです!
探偵☆星鴨9話を見て思ったことは、第1話からずっとおっていたタワシ殺人事件の重要参考人がまさかの探偵星の探偵学校時代の師匠だと知った時はとても驚きました。探偵星もその真実を受けとめきれず、先生は犯人なはずがないと真相を明らかにするために、謎をといて、殺人犯の秘密を暴くことができるのか、また師匠ジョー先生は犯人ではないのか、第10話がとても気になります!

有岡君が出ているということで見始めた。9話まで見た感想は、キャストの良さがうまくいかせていない。有岡君は癖があるけどいいやつみたいな役がいいのだが、なんともいえない感じの役になってしまった。もっと役に合った人を使ってほしい。

前回から何かと星の周りをウロチョロする横入が怪しい!ジョー先生はなぜ星に事件解決させようとするのか?唐戸の前に現れたのは誰なのか?星はタワシ殺人事件の真相を明らかにすることができるのか?次週色んなことが明らかになりそうで楽しみです!最終回絶対見ます!

ようやく本格的にタワシ殺人事件の捜査が始まりました。「変装は大胆に!」ジョー先生の教えの1つですが、なんと事件現場には女装をしたジョー先生が実際にいたのです。捜田刑事の協力のもと、任意同行で警察に連れられてしまったジョー先生とようやく再会した星鴨ですが、会話からジョー先生の依頼であることに気付きます。どこが依頼だったんだろうと、まだ謎は解明していませんが、次回が最終回でどのようにひらめきで解決するのか楽しみです。

念願だった殺人事件の依頼を受けることになり喜びながらも、星の師匠であるジョーが重要参考人のため師匠を追い込むことになってしまうかもしれなくて辛い展開になるかと心配しましたが、師匠であるジョーの教えが星を冴えわたらせて、無実を強く信じて思考を巡らせながら事件解決につながる糸口を見出す今回の星の姿は良かったです。

ついに殺人事件を担当することになった星ですが、憧れの先生であるジョーが捕まってしまい、ここは星の腕の見せ所だと思います。いったい誰が犯人なのか?とても気になるのですが、どうやら第8話で登場した女性が怪しい感じです。彼女が殺人犯?それともまた別に真犯人がいるのかと、謎が謎を呼んでいます。

捜田刑事と共闘することになった星鴨でしたが、刑事が探偵に依頼することなど実際にあるのかは別として、やっと事件らしくなったきたのでここから終盤にかけて楽しみになってきました。あとは、とりあえずジョーが犯人でなかったようなので安心しました。

警察から念願の捜査依頼の“タワシ殺人事件”を受けたのですが、その重要容疑者が探偵業の師匠・ジョーだったという、板挟み状態の中で懸命に頑張る星の活躍が描かれていました。個性的で面白い構成や演出、劇団(ヨーロッパ企画)に所属している俳優さんたちの独特でアマチュアっぽい演技が醸し出す、とぼけたようなチープさやドラマの空気感がとても印象的な感じがしました。独特な雰囲気で楽しかったです。

キャスティングの要素がうまく生かせているドラマであり、見せる配役でありました。その上インパクトがあるので非常に覚えやすかったと思います。
話の展開も面白く重要参考人が主人公の探偵学校時代の師匠だというところも面白かったです。

第9話では、タワシ殺人事件を解決する為に、星が一生懸命に頑張っている様子が伝わってきました。事件解決に向けて星と捜田刑事が一緒に行動しているシーンが珍しく感じられました。星と捜田は馬が合うのか疑問に感じながらドラマを観ていました。

このドラマでは、有岡大貴さん演じる星の活躍があり、とても面白いドラマだと思いました。重要参考人としてジョーが捕まってしまっていますが、タワシ殺人事件の犯人ではないと考えています。星がそのことを証明してほしいと思いました。

念願の殺人事件調査の依頼を受けた星さん、リサイクルショップと小さな依頼を受けていた探偵家業。女性と目を合わせて話すことも苦手な星さん、助手で女性の唐戸さんとの遣り取りが、微妙な距離感で楽しいです。唐戸さん演じる片山さんのツッコミが好きです。探偵の師匠、ジョーが殺人容疑で捕まってヒントは赤いハイヒール!捜査に出るのに、唐戸さんは「いいなぁ、旅行かぁ!お土産お願いしますね」と、全く空気を読まない発言も楽しく見れるエッセンスで良いです。

「タワシ殺人事件」の犯人が誰かはまだまだわからないですが、解決するために苦しい場面もあるかもしれないです。でも、ここまでズッコケながらも必ず事件を解決してきた探偵星鴨。捜田刑事という頼もしい相棒もできたことだし、きっと大丈夫だと思います。探偵ジョーが星に教えた心得は、探偵は依頼者のために笑顔のためにとのことなので、だから、次回はきっと笑ってラストを迎えられるはずと思いました。

ドラマ「探偵☆星鴨」9話ですが、星鴨がいよいよ本格的に殺人事件の調査をする展開になってきましたね。また星鴨の師匠であるジョー先生が重要参考人になっているので、彼のアリバイを証明する為でもあるので気合が入っています。ドラマでしょっちゅう星鴨を犯人扱いしていた捜田刑事が、彼を信頼して殺人事件の依頼をするのですからある意味捜田刑事も成長かもしれないですね。でも事件を担当する中で占めるのが横入派で、星鴨は騙された!と横入派になると宣言するもこのタイミングで横入が嫌味を言いにやって来て捜田派に戻っていってしまったので、この辺はお約束というやつかなと思いました。現場検証とかアリバイ探しとかしてはかどらず、ジョー先生が事務所にやって来た為横入に重要参考人として捕まってしまうんですよ。星鴨は捜田と組んで上手いこと捕まった先生と再会し、その後頭ひねり倒して彼が事務所に来たのは依頼だと悟り次回ジョー先生の実家に行くという展開で続くのにびっくりしつつ待ち遠しいなと思いました。

星と捜田がいよいよちゃんと結託してくれたのが嬉しかったです。岡田義徳さんのどんな振る舞いをしていてもなんとなくにじみ出るほんわか感は有岡くんとよく似ていて、味方同士になるとそれがより一層顕著になり、可愛いー!と思いながら観ました。

曽田が星鴨に殺人事件の捜査協力を正式に依頼し、星鴨は精力的に捜査を開始し、その最中、重要参考人であったジョー先生が連行されてしまいます。星鴨はジョー先生を犯人ではないことを確信するなどいよいよクライマックスに向けて本格的なミステリーとなってきました。いままでのフワフワとした展開から一転、次回は最終回。楽しみでなりません。

ABOUT ME
ヒロセ@ドラマ好き主婦
昼間は家事や育児で時間が潰れてしまう。夜にドラマやアニメを見るのが唯一の癒やし。年中オンラインでドラマ&アニメ&映画見ている主婦です。年間300本以上の映像作品を見ている視点からあらすじや感想を書いていきます。おすすめの動画見放題サービスも要チェックです♪

ブログランキングに参加しています。応援の方よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です