レンアイ漫画家

レンアイ漫画家の無料動画!最終回まで視聴したみんなの感想

レンアイ漫画家

レンアイ漫画家見逃し配信

FOD◎(見放題)
U-NEXT
Hulu
Paravi

レンアイ漫画家を全話無料で視聴する方法

レンアイ漫画家の無料動画

レンアイ漫画家はFODにて見放題配信しています。※月額976円※

FODは2週間無料トライアルキャンペーン中なので2週間以内に解約すれば0円で動画見放題をご利用できます。

つまりレンアイ漫画家を全話無料で視聴ができるのです。

※2週間以内に解約すれば0円

レンアイ漫画家あらすじ

久遠あいこ(吉岡里帆)が働く『あかり葬祭』では、若くして亡くなった刈部純(白石隼也)の葬儀が営まれていた。 純は、あいこの高校時代の初恋相手。 あいこは先輩社員から純の忘れ形見の息子、レン(岩田琉聖)の面倒を見るよう指示される。 母親もいないため、レンは突然ひとりになってしまっていたのだ。あいこがレンに挨拶をしていると、黒のパーカーでフードを被った大柄な男がやって来る。 あいこがレンに誰かと尋ねると、伯父だと答えた。純の兄、刈部清一郎(鈴木亮平)だった。 葬儀にそぐわないその風体に、親戚たちは変人にレンが育てられるのか?と呆れている。あいこが、そんな声を聞いているとレンがいなくなった。

レンアイ漫画家を全話視聴したみんなの感想

人気少女漫画家が鬼瓦のような大男、引き篭もりに近い状態の鈴木亮平さんが、アパートを追い出されて職のない吉岡里帆さんと出会い、漫画のネタ集めの為に擬似恋愛をさせられる?しかも、本人は貢ぎ癖のあるダメ男ホイホイという設定から楽しく、漫画家が男であることがバレないように振る舞う生活、彼女を家に甥と共に同居させることで、徐々に変化していく生活スタイルや、感情の変化が楽しく、いつの間にかお互いになくてはならない存在になっていくラブストーリーの王道感が、木南さんや竜星さんとのやり取りも含めて、楽しめるストーリーでした。吉岡里帆さんの魅力的も、たっぷり見応えありました。

ラブコメディが好きなので、見始めました。1話を視聴した感想として、鈴木亮平さんの演技力の高さに脱帽しました。演技力が高すぎて逆に浮いてしまっているような妙な感覚がありました。でもそれは3話辺りで無くなりました。本当に漫画家なの!?思わせる会話中の何気ない素振りや動きがすごくて、不器用なキャラの時折見せる笑顔や優しさの表情が上手すぎました。物語の内容としては、これといって裏切りなど驚くことはなく、王道のラブコメディという感じでした。心を閉ざした主人公が色んな人と関わり、自分の過去を乗り越えたり、相手の傷を癒したりするシーンは感動しました。最終回は少し期待しすぎた為か物足りない気がしてしまいましたが全て丸く収まり、感動もあり良かったです。近年には逆に珍しい王道のストレートラブコメディだったと思います。

一番印象に残っているのは最後のオチ

原作を読んだことがなかったためシンプルに全話を通じてコメディラブドラマとして見ることが出来ました。一番印象に残っているのは最後のオチです。てっきりヒロインの清一郎とヒロインであるあいこのカップルの結婚式というエンディングだと思ってみていたのに全然違っててやられたと思いました。清一郎、あいこの結婚式だったら意外とありきたりなエンディングだと思って見ていたので不意を突かれた感じでした。ただあの結婚式では正に恋愛の一つのゴールを描いたカップル、再び動き出したカップル、これから動き出すであろう子供の若いカップルの3者それぞれの恋愛模様があってとても幸せな空間なんだなぁと見ていて思いました。

「レンアイ漫画家」では、鈴木亮平さん演じる清一郎の活躍があり、とても面白い恋愛ドラマでした。夢なし彼氏なしお金なしのあいこと清一郎は、馬が合わないなあと思いながらドラマを観ていました。しかし、同棲することになり、2人がお付き合いをしていくまでに至ったシーンを観た時にびっくりしました。清一郎があいこを助けてあげていたシーンが印象に残りました。清一郎とあいこがお付き合いを継続して結婚をして一緒に暮らしていくイメージは湧きません。最終回では、突然ひきこもり天才漫画家である清一郎が豹変してしまうシーンが見どころだと思いました。

あいこは自分のせいで刈部が漫画を描けなくなってしまったと考え刈部の下を去りました。どこに行ってしまったのかと心配していると可憐の所で夢を叶えて編集者をしていました。こんなに近くに居て出会わなかったのが不思議ですが取材で出かけた合コンの場で刈部と再会しました。別人のような派手な言動や姿にとても驚きました。漫画に向き合わないで何をしているのかと思いましたが、今までの漫画への向き合い方を変えたかったようです。鈴木亮平さんの華やかな姿をあまり観たことがなかったのでとても新鮮に感じました。全てを払拭し離島にこもって漫画を書き上げあいこに捧げたラストはとても良かったです。

鈴木亮平さんと吉岡理帆さんという組み合わせ

少女漫画が原作ということで、ドラマの設定、ストーリー展開、結末、すべてが少女漫画らしい内容でした。言い方を変えれば、安心して観れるラブコメディという感じ。ハラハラまではいかないけど、わかりやすい内容と程よいドキドキ感は家族で見れるラブストーリーでした。主演の配役が鈴木亮平さんと吉岡理帆さんという組み合わせだったのも良かったです。特に鈴木亮平さんはその演技力で刈部清一郎の独特の漫画家の雰囲気を出していました。恋愛ドラマらしいキュンキュン要素ももちろんあって、女性が好きそうなドラマという感じでした。

あいこの何が起こっても前向きに頑張る、ちょっとドジな中でもハツラツとした雰囲気がステキでした。それに対してカリスマ少女漫画家の清一郎の人嫌いでひきこもり傾向の様子が対照的で面白かったです。が、最後でそんな二人の様子が一変して、あんなに喧嘩しながらも仲の良かった二人が離れてしまってとても残念でしたし、清一郎の豹変ぶりにも驚かされました。しかし最後の最後で、あいことの恋愛で描けなくなっていた漫画を、あいこと再会した事でまた描けるようになった展開は嬉しかったです。二人の会話の掛け合いが楽しかったし、可憐のキャラクターもとても気に入っていたので、もう観れなくなったのが残念です。

最後の最後まで吉岡の可愛さが目立つドラマでした。吉岡は控えめのようで、必要な時にはアグレッシブなところもあってとてもキュンキュンしました。本当の恋を知らないレンアイ漫画家が吉岡のおかげで人間的に成長していく姿はとても清々しいです。いわば虚構の世界にいた男性が、一人の女性を生涯の伴侶として、また地についたレンアイ漫画を描いて行けるなんて素敵すぎます。二人の新しい未来をまた覗き観たいと切に思うのは、私だけではないと考えます。

昔からある王道のラブコメ

「ダメ男ホイホイ」を自称する心優しい女性・あいこと、思春期に抱えた心の傷から自身の恋愛を放棄し、漫画家としてあくまで紙上で読者に恋愛体験を提供することに専念することを決めた青年・清一郎とのもどかしい恋模様を、同居する甥っ子・レンや担当編集者の向後等、彼らに振り回される周囲の人々の姿と併せて描く作品でしたが、本格的にあいこと清一郎の恋愛譚になだれ込むシーズン後半部の数話より、寧ろ職を失ったあいこがアルバイトとして疑似恋愛をさせられる前半部のコミカルでダイナミックなストーリー展開の方が印象に残っています。あいこに扮した吉岡里帆の確かな演技力とどこかピュアな存在感が全話を通して光っていたと感じました。

昔からある王道のラブコメと言ったドラマでしたが、しっかりと現代の雰囲気もあり、主人公のあいこさんの気持ちに共感できるシーンが多くありました。苅部さんとあいこさんの掛け合いや周りの人の掛け合いが毎回おもしろくて、つい皆んなを応援したくなる気持ちにさせてもらいました。少しずつ、苅部さんが心を開いていく姿が役の鈴木亮平さんにぴったりで、強面の雰囲気から包容力ある男性に変わっていく様子がとても素敵でした。困難を乗り越えながらも、しっかり二人の気持ちが通じ合い、ハッピーエンドだったのは、視聴者として本当に良いドラマだと思いました。

レンアイ漫画家として家に引きこもって漫画を描き続けていた刈部さんがだんだん家の外に出てくる機会が増えてきているのも可愛らしくてきゅんとします。早瀬さんが、最初は好青年で好感度が高かったのに、だんだんストーカーになっていた時の怖さもありながら、なんだかんだ可愛らしいストーカーになっていて、なおかつ木南さんの助手っぽくなって、結婚までしてしまったのがとてもびっくりしました。鈴木さんと吉岡さんがくっつきそうで離れて、というのを繰り返してむずきゅんと与えてくれてとても楽しかったです。

あいこと清一郎の掛け合いも楽しかった

あいこと清一郎の掛け合いも楽しかったですが個人的にはあいこと向後のやりとりというのが終始、面白かったです。清一郎と向後は互いにあいこに毒を吐きますが向後の方が結構、酷いことを言っていたんです。記憶に残るのは不幸顔やカピバラに似ているなど強烈な悪口が笑えました。最終回に関しては急に弾けだした清一郎には驚かされましたがハッピーエンドが見れて良かったです。流石にあいこと清一郎が結ばれないパターンというのはないよなと思っていたんで安心しました。

刈部さんとあいこさんが両想いになったときは良かったな~と思ったけれど、最終回前話では刈部さんが漫画を描くことができなくなってしまい、惹かれあいながらも離れるしかない状況になってしまったのがとても切なかった。最終回では今までの刈部さんとは別人になっていて誰?と思ってちょっとがっかりしてしまったけれど、それもこれもあいこさんと恋愛しながら漫画を描くための修行だったとわかり、内面は変わっておらずホッとした。最後は2人も漫画も同じ幸せで終わって、とてもほっこリするいいドラマだった。

最終回にして刈部の突然のキャラチェンジには困惑となぜか恥ずかしさを感じました。こんなの刈部清一郎ではないと思う反面、これはこれでありなのか?と思ってしまう程で、こっちまで不思議と恥ずかしさを感じてしまいましたが、どうしてキャラチェンジしたのか納得いく理由でホッとしました。あいことも恋愛しない気なのかと思っていたけど、あいこの誕生日を祝おうと必死にプランを考えていたり、プロポーズの言葉も用意していたなんて刈部らしくないけど刈部が刈部に戻って嬉しかったなと思いました。刈部清一郎という男は全話通して銀河天使を是非読んでみたいと思える漫画作家で拍手を送りたいと思いました。それに金城先生と早瀬はお似合いだなと途中から思っていましたが、まさかゴールインしてしまうとは、ここにも驚きを隠せなかったです。ただみんなが幸せなら良いと思いましたね。予想していたよりかなり面白かったなと感じました。

鈴木亮平さんの変幻自在っぷり

「レンアイ漫画家」、今期、見て良かったと心底思えたドラマでした。
正直、鈴木亮平さんの見かけと恋愛が結びつかず、最期まで飽きずに見ることができるのか自信がありませんでした。
だけど、鈴木亮平さんが最初から恋愛不得手な苅部清一郎というキャラクターだったからこそ、徐々に恋愛にハマっていく様子が自然と伝わってきました。
また飽きずに見ることができたのは、竜星涼さん演じる早瀬さんのキャラクターの変化でした。
爽やかなイケメン男性がいつの間にかストーカーのようになり、どのくらいエスカレートしていくのか、とても楽しみでした。
また、最期は金城先生に見初められるという意外な展開は、あっと驚くものでした。
原作を読んでいないので、今後の展開はわかりませんが、続編が放送されることがあれば、清一郎とあいこの新婚生活を見てみたいと思います。

鈴木亮平さんの変幻自在っぷりに惚れ惚れさせられるドラマでした。西郷どんなど、がっちりして勇ましい男性の役のイメージが強かったのですが、今回はザ・少女漫画!というビジュアルと振る舞いが完璧すぎました。こんなに鈴木亮平さんにときめいたのは初めてです。吉岡里帆さんともどかしい恋愛模様もじれったいながら愛らしく、とても応援したくなる二人で良かったです。恋愛ドラマらしく、ときめきつつハートフルな気持ちにさせてくれるところが大好きでした。

刈部清一郎(鈴木亮平)の家に久遠あいこ(吉岡里帆)が転がり込んで来たところから急に面白く感じるようになりました。この二人は当初対立していたので口論も最初はトゲがありましたが、次第に互いを意識するようになって相手を思いやる言葉に変化していく描写も二人の恋の予感を感じることができて良かったと思います。普通の恋愛ドラマは恋敵がいてヒロインの心が揺れ動くストーリーが王道なのに対し、このドラマに関しては恋敵と言えるようなキャラはおらずそこが他と大きく違うと感じました。自分自身にどれだけ正直になれるかが最後の決め手になるようなドラマだったと思います。最終回はそれまでと雰囲気が違うチャラ男の刈部君に不安を感じましたが、最終的にはいつも通りの姿に戻って良かったですし、あいこさんも元気いっぱいになって家に戻ってきたのでホッとしました。全てが丸くおさまったこともありますが、久しぶりにさわやかな恋愛ドラマを見た気がします。レン君のとても嬉しそうな表情を見て私まで幸せになりましたし、家族というものを考える上でも素晴らしいストーリーだったと思います。

吉岡里帆がハマっていて演技力の高さを感じました

改めて、人を好きになること、人に好きになってもらえることは素敵で嬉しいことだなぁと思いました。私の中で1番印象に残っているのはあいこちゃんが真っ直ぐに刈部さんを想い、刈部さんのために離れる決心をしたシーンです。本当は離れたくないけれど、漫画家として生きてきた刈部さんを尊敬し、これからも漫画家として生きてほしいからこそ家を出て行く選択をするというのは深く大きな愛があるからこそ。結局はその行動が刈部さんを深く傷つけてしまいましたが、それでもそこで終わるわけではなく、刈部さんもあいこちゃんと同じように考えて、結論を出して、改めてあいこちゃんに想いを伝えました。このように、お互いがお互いを本気で想い、幸せを願っているからこそぶつかったり、成長し合える2人がうらやましいです。そして、お父さんを亡くして落ち込んでいたレンくんがたくさんの人の愛に支えられて、今では元気に学校に通い、恋をしています。そのレンくんの成長がとても嬉しかったです。血は繋がってなくても一生懸命レンくんのことを考えて、いつも側にいて励まし続けたあいこちゃんはレンくんにとって本当に必要な人であり、本当の家族だと思いました。

オープニングはポップで明るくてラブコメらしい始まり方、エンディングは本編とは別視点での状況がわかるシーンが描かれている終わり方、どちらもドラマ全体をぐっと引き締める役割になっていたように感じます。漫画家とそのストーリー作成の為に疑似恋愛をする雇われ人、というこれまでにない設定はとても面白かったです。吉岡里帆がどんなキャラクターにもなりきれていて、ハマっていて、演技力の高さを感じました。どの回もあっという間に終わってしまうくらいテンポ感が良かったです。最終話の鈴木亮平と吉岡里帆が結ばれるシーンは現実と虚構が混ざっているような綺麗な映像でとても美しかったです。

人気少女漫画家が鬼瓦のような大男、引き篭もりに近い状態の鈴木亮平さんが、アパートを追い出されて職のない吉岡里帆さんと出会い、漫画のネタ集めの為に擬似恋愛をさせられる?しかも、本人は貢ぎ癖のあるダメ男ホイホイという設定から楽しく、漫画家が男であることがバレないように振る舞う生活、彼女を家に甥と共に同居させることで、徐々に変化していく生活スタイルや、感情の変化が楽しく、いつの間にかお互いになくてはならない存在になっていくラブストーリーの王道感が、木南さんや竜星さんとのやり取りも含めて、楽しめるストーリーでした。吉岡里帆さんの魅力的も、たっぷり見応えありました。

※2週間以内に解約すれば0円

ABOUT ME
ヒロセ@ドラマ好き主婦
昼間は家事や育児で時間が潰れてしまう。夜にドラマやアニメを見るのが唯一の癒やし。年中オンラインでドラマ&アニメ&映画見ている主婦です。年間300本以上の映像作品を見ている視点からあらすじや感想を書いていきます。おすすめの動画見放題サービスも要チェックです♪

ブログランキングに参加しています。応援の方よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です