コタローはひとり暮らし

コタローはひとり暮らしの無料動画はこちら!全話視聴した感想!

コタローはひとり暮らし全話の感想

コタローはひとり暮らしのあらすじ

昔懐かしい佇まいの『アパートの清水』のとある一室――。

 初デートをすっぽかされたと怒り心頭の彼女から盛大な平手打ちを食らった売れない漫画家・狩野進(横山裕)が、寝起き状態のボロボロな姿で座り込んでいると、インターホンが鳴る。“彼女が戻って来たのかも!”とドアを開けると、そこには高級ティッシュを差し出す小さな男の子がひとりで立っていた。

コタローはひとり暮らし見逃し配信はこちら

動画配信サービス配信状況
U-NEXT◎(見放題)
FOD
Hulu
dtv

コタローはひとり暮らし全話無料で視聴する方法

「コタローはひとり暮らし」はU-NEXTにて見逃し配信しています。

U-NEXTは31日間無料で使えるので31以内に解約すれば0円で動画見放題を楽しむことができます。

なので!コタローはひとり暮らしを全話無料で視聴ができるのです。

>>31日以内に解約すれば0円でお試しできる

コタローはひとり暮らし全話視聴したみんなの感想

コタロー君、いじらしかった。現状では親に見捨てられて他人と暮らしているのに、その親に対して、親の期待に応えられるまでは合わないという手紙を自筆で送るとは。言葉遣いさながら、武士のような子供だ。清水アパートの住人達にも恵まれたな。特に、売れない漫画家は、コタローに自分の不遇な子供時代を重ね合わせて、コタローの面倒を見ずにはいられなかったんだろうな。この二人の今後をもう少し見てみたい気がする。

父親と再会するのかと思ったら、そういうわけではなかったのでコタローくんのこれからがどうなるのか、まだまだ気になる終わり方でした。全話視聴しましたが、横山裕さんの狩野役がハマり役だと思いました。ゆるゆるしてるかと思えば、不思議な絆でコタローとつながっているところとか感動しました。漫画を読みたくなりました。

コタローが複雑な環境で育った

最初は友人に勧められて見始めたのですが、コタローがなぜひとり暮らしなのか分かりませんでした。それが、同じアパートの住人と交流していく中で、コタローが複雑な環境で育ったこと、かりのさんとの絆が芽生えることで、コタローが少しずつ自分の中で答えを見つけていく姿にとても感銘を受けました。今シーズンでも1、2を争う作品だったと思います。

常にコタローが可愛くて、同じアパートみんなが親心になってしまうのもわかるし、コタローが一人で生きていくために頑張っている姿に心打たれます。かりの殿がなんだかんだ一緒に先頭に行ってくれたり、送りお迎えしてくれたりと優しい漫画家さんでよかったです。コタローがみずき殿の家になんどもピンポンダッシュをしに行ったり、夢遊病になったりと可愛さ満点なドラマでした。

実際にはありえないと思ってずっと見ていました、そして子供の純粋な成長に考えさせられ大人の責任を考えさせるドラマだったのかと思いました今虐待とか育児放棄とかイロイロありますが新生児を始めて見た時この子は一人では生きていかれないから私が守ららければと思った事を思い出しました、事情がイロイロあるとは思いますが妊娠出産を簡単に考えないで欲しいと強く感じました。

子供は子供の視点で着実に成長していくもの

毎週楽しみにしていた、コタローはひとり暮らしが終わってしまいました。再度、父親がコタローを探しているという流れで、狩野をはじめアパートの住民たちとの別れが来てしまうのかとドキドキしましたが、最後は美月も戻ってきて、また皆での楽しい日常が続けられるようで安心しました。コタローからの手紙では、父との関係も将来的には改善されそうで全体的には希望のもてる終わり方でよかったです。ただ、いつも通り平和に楽しく優しい世界観のままの最終回だっただけに、コタローは母が亡くなってしまったことを知らないまま、というのが視聴者的に胸が苦しかったです。それらの踏まえて、人のやさしさや、現実の厳しさなど、バランスの良い作品だったと思います。可愛いコタロー君に、来週からもう会えないのがちょっぴり残念です。

大人が何か特別教えようとか、無理強いさせて何かさせようとか、そういうことをしなくても子供は子供の視点で着実に成長していくもの。大人は無理やりその子の行先を曲げて、歪んだ大人にならないよう、足枷になるんじゃなくてむしろ側で応援して、支えてあげることが、自分の経験を含めて大事だなと感じた。ただ、最終回はあっけなく中身も薄っぺらく感じた。

家族が見ているものを何気なく見ることとなった。ほのぼのとしたドラマかと思っていたら、毎回重いテーマが散りばめられており、幼い子供が気を使い、また苦しい感じで心情を吐露する場面など、涙ぐむシーンも多く感動する場面も多く、タイトルから受ける印象とは違って大人だからこそ見るべき内容であると感じた。原作があるものの別作品となっており、二人の隣人お姉さんをうまく融合させて女性弁護士に役をさせているといたが、そのあたりは非常にうまくやっていたという家人の評価であった。

関ジャニの横山裕が出ているから、ちょっと見てみようと

少し距離をおいた優しさが、じんわりしみてくるドラマです。コタローがひとり暮らしをしている理由は、登場人物のセリフの端々や短い過去のシーンでわかるようになっています。それは、かなり悲惨なものです。

でも、「コタローかわいそう」と思えないのは周囲の人たちがみんな優しいから。それを象徴しているのがコタローの「保護者」となる狩野のセリフ。自分が強くなれば父親の態度が変わると信じているコタローに「一緒に強くなろうぜ」というのです。

コタローの考えていることは間違っているのですがそう考えることで寂しさに耐えていると痛いほどわかっているからそう言ったのです。この優しさ!コタローは父に手紙を書きます。
自分が強くなったら会いたい、と。それを読んだときの父親の表情……。本当は悪い人じゃない、この人は変わる、と希望が持てました。押し付けがましさのない一歩引いた優しさが素晴らしいドラマでした。

もともとは関ジャニの横山裕が出ているから、ちょっと見てみようと思って見始めたのですが、結果として今クールで一番、真面目に見たドラマになりました。始まりはやや説明がすくなくて、突然のコタロー君の登場に、ついていけない感じがしたのですが、ドラマが進むうちに、コタロー君の一人暮らしの理由などがわかり、意外に重い設定に、驚きました。
出てくるキャラクターは、やや現実離れしていて、当然フィクションだろうとわかるのですが、どれも憎めない感じで、ドラマ全体がほんわかとしたものでした。毎回30分という長さもちょうどよく、早送りにせず、じっくり家族で見てしまいました。

元々、単行本を家族が持っていたことから、ストーリーは知っていたのですが、実写でみるとまたフィクションでありながらも様々な人間模様に心を動かされて、感動、笑い、癒しと毎週土曜日が楽しみになる作品でした。
また、佐藤コタロー(川原瑛都)君をはじめ、狩野(横山裕)さんや美月(山本舞香)さん、田丸(生瀬 勝久)殿もよい味を出していて、漫画のイメージにも合っていてすぐに受け入れられました。
最終回では、TVで仲睦まじいコタロー父と母の姿が映し出され、そこに今のコタロー君と三人で楽しくピアノを弾くシーンでは、これまでの寂しい過去を背負ったコタロー君が報われた気がして、自然と涙がこぼれました。
そして、清水アパートの隣人達、法律事務所の所長に小林殿、探偵の青田さん、幼稚園の先生、そしてドラマオリジナルの大家さん…等、周りの大人達がコタローを受け入れて、大事に生活を共にしていっているこの環境が、現実世界ではありえない話だと知りながらも、そのみんなの愛情の深さに胸が熱くなりました。
最後には美月さんも清水アパートに戻り、みんなで幸せに暮らしているハッピーエンドを迎えることができて、満足な終わりでした。

コタロー役の川原瑛都くんがとてもカワイイ

タイトルだけを見た感想は、子供がただ一人暮らしをして日常を過ごす内容だと思ってましたが、見た感想は家族との絆のありかたや人間関係の大切さを描いた作品だと思います。人は一人では生きられないがその生きてく過程で様々な困難に立ち向かい人との関係の大切さを学びました。

最初は正直あまり面白いと期待していなかったが、回を重ねる毎に面白さが増して、最終話ではまたシーズン2等が作られたら良いなぁと強く感じた。子供ながらも1人で強く生きるコタローと、それを取り巻く大人達、皆色々な事情を抱えながらも温かくコタローを見守り、ほのぼのとした話で癒やされた。それと話の合間に登場する管理人夫婦のやり取りがシュールでとても面白かった。

コタロー役の川原瑛都くんがとてもカワイイ。普段は大人びた発言で虚勢を張っているのに、時々見せる健気な子供らしさがたまらなく愛おしい。表情、特に一途な眼差しに心揺さぶられます。あの子なら、放っては置けない気持ちになるのは必至。ナイスなキャスティングだと思います。良かったのは、これまでコタローの家庭はダークなイメージしかなかったけど、家族でピアノを囲んで歌を歌った思い出があるなんて、最高じゃないですか。お母さんは妊婦さんだったので、お腹にいたのはコタローですね。あの映像を見たことで、コタローの心に蔓延っていた寂しさも一掃できたはず。ハッピーなラストでよかったです。

全話見終わった感想はほっこり

最終回を見た率直な感想は、こんなに幸せな気持ちになったドラマ久しぶりにみたなぁ。と思いました。設定が子供が一人暮らしという現実離れした設定ですが、横山さん演じる狩野が、強くなりたいと願うコタローの強い思いや、言動の裏側にある思いを知るうちに、何かと世話を焼くようになっていくストーリーが大変感動させられました。しっかりしている一面があるかと思えば、子供らしい本音を見せるコタローに、狩野やアパートの住人たちが大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さをあらためて実感し、少しずつ成長していく所を観ていると、自分自身に重ねてしまう所もあり、大変感心させられました。

横山君が出ているということで見始めた。全話見終わった感想はほっこりした。アパートの住民が、コタローが来たことでみんな仲良しになったのがうれしいかった。コタローの子どもとしての成長も見ていてほっこりするし、元気な姿をみて私も元気が出た。明るいドラマもありだなと思った。

高梨臨さんって、優しい良い人役も似合うけど、悪役もハマります。新田あかねの憎らしさと言ったらなかったです。子供相手に傷つくようなこと平気で言うんだから、最低、最悪パターンの女じゃないですか。あの綺麗なビジュアルでそれをやられると、かなりキツい。でも、コタローはこんな時でも健気。大好きな狩野のことを思って気を遣うんだかから。狩野を頼って、言いつける位の子供らしさがあると良いのに。つくづく、損な性分です。でも、周囲のみんなは、そんなコタローをしっかり理解し、支えてくれるところが最高。ほっこりできました。

回を重ねるたびにコタローちゃんがかわいくて

最初はあまり期待してみてなかったんですが、回を重ねるたびにコタローちゃんがかわいくて、いつの間にか楽しみになっていました。ゆるい感じのドラマだったので、癒されながら見ることが出来ました。

コタローくんの演技力がすごくて毎回関心させられていました。コタローくんを中心に周りの大人たちも変わっていって、こんなご近所付き合いいいな~って思いました。今のご時世ではあまり考えられないのでちょっと憧れます。

初め、なぜコタローがひとり暮らしをしているのかわからなかった。私にも幼稚園生の息子がいる。とても気になる!そして見始めたら、なんとも切ない理由。父親のDVによって母親が出ていき、養護施設で過ごしたコタローは強くなって何でもできるようになるためひとり暮らしをしていたのだ。

けれど、武士の言葉遣いや刀を腰に下げた姿がとてつもなくかわいい。と私が思うように回りにいる人は皆、コタローの魅力に惹かれたのだろう。アパートのお隣さんの狩野は一見子ども嫌いに思えるが、幼稚園の送り迎えや行事のお手伝い、一緒に銭湯に行ったり、ただのお隣さんではいられなかった。やっぱり訳ありでひとり暮らしをしているコタローをみんなで守っているのが、とてもほんわかして毎週安心した。

実の父親がコタローの居場所を探しているのを知ったコタローはお手紙できちんと自分の気持ちを伝えられる強い男の子になっていたのが、コタローの成長を見届けられたようで感激して最終話を見終わることができた。
来週からコタローに会えないなんて、コタローロスになりそう。

通勤電車内で視聴し、ほっこり&大号泣。
上司の機嫌はどうしたら取れるのか?とか、どっちが効率的か?とか、大人になって気づかないうちにクールな考え方になってしまった自分にハッとしました。

施設で一番の仲良しだった佑どのが自分をだまそうとしていることに気づいた時にコタローが発した「裏切られることよりも、信じたい者を信じられないことの方が辛いであるからな。」
という言葉は、誰よりも人の感情の深い部分を見てきたコタローだからこその言葉だったと思います。気づいたらアパート清水に住んでいるかのような気持ちで参加していました。

最終話にコタローが見つけた夢には、嬉しさで涙が止まりませんでした!!笑
人とのつながりが薄くなってしまっている今だからこそ、ぜひ見てほしいドラマです。

>>31日以内に解約すれば0円でお試しできる

ABOUT ME
ヒロセ@ドラマ好き主婦
昼間は家事や育児で時間が潰れてしまう。夜にドラマやアニメを見るのが唯一の癒やし。年中オンラインでドラマ&アニメ&映画見ている主婦です。年間300本以上の映像作品を見ている視点からあらすじや感想を書いていきます。おすすめの動画見放題サービスも要チェックです♪

ブログランキングに参加しています。応援の方よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です