おかえりモネ

おかえりモネ全話を無料動画で視聴する方法ってあるの?

おかえりモネ│みんなの感想や口コミ

NHK連続小説ドラマ「おかえりモネ」の見逃し配信や全話動画で無料で視聴したい!という要望はありませんか?

休日にドラマを一気に視聴して見たい時ってありますよね。

そこで今回は「おかえりモネ」の全話を無料で視聴する方法をお教えします。

おかえりモネ全話の動画を無料で視聴する方法

おかえりモネの見逃し配信

動画配信サービス配信状況
U-NEXT◎(NHK見放題パック)
FOD
Hulu
Paravi

おかえりモネの見逃し配信を視聴したい場合は、U-NEXTに新規登録語、NHK見放題パックを購入すると「おかえりモネ」を全話ご視聴ができます。

おかえりモネ全話を動画で無料で視聴する方法

おかえりモネ全話無料で視聴する方法

おかえりモネを全話無料で視聴する方法をご案内します。

①この記事からU-NEXTに新規登録すると1000ポイントが貰える
②そのポイントでNHK見放題パックを購入する

U-NEXTは新規登録後、31日以内に解約すれば0円で動画見放題を無料で楽しむことができます。

つまり!

「おかえりモネ」を全話無料でご視聴ができるのです。

※31日以内に解約すれば0円

おかえりモネのあらすじ

宮城・気仙沼湾沖の島に生まれ育ち登米で青春を過ごしたヒロインが、天気予報を通じて人々の役に立ちたいと気象予報士を目指して上京し、やがて故郷の島へ戻り予報士としての能力を活かして地域に貢献する姿を描く。

放送時間やキャスト(登場人物)

放送枠NHK
放送期間2021年5月17日~
放送時間毎週月曜日~土曜日
キャスト永浦百音:清原果耶|永浦耕治:内野聖陽|永浦亜哉子:鈴木京香|永浦未知:蒔田彩珠|永浦龍己:藤竜也|永浦雅代:竹下景子|及川亮:永瀬廉(King & Prince)|野村明日美:恒松祐里|後藤三生:前田航基|早坂悠人:髙田彪我|及川新次:浅野忠信|新田サヤカ:夏木マリ|菅波光太朗:坂口健太郎|佐々木翔洋:浜野謙太|川久保博史:でんでん|朝岡覚:西島秀俊|田中和久:塚本晋也|中村信弘:平山祐介|神野マリアンナ莉子:今田美桜|内田衛:清水尋也|野坂碧:森田望智|沢渡公平:玉置玲央|高村沙都子:高岡早紀|安西和将:井上順|井上菜津:マイコ|鮫島祐希:菅原小春
脚本安達奈緒子
主題歌 BUMP OF CHICKEN「なないろ」
原作オリジナル作品

おかえりモネの見どころや感想

おかえりモネの見どころや感想

このドラマの見どころは大きく分けると2つです。まず1つ目は物語の舞台である宮城県登米市の大自然。オープニングから光る海や山々に引き込まれ、毎日飛ばさず見ています!宮城県というと海というイメージでしたが、モネは山に関するお仕事をしており、雄大な山林の風景も楽しめます。そして2つ目の見どころがモネと妹のみーちゃんの姉妹愛。しっかり将来ビジョンがあるみーちゃんに対して、モネはまだ気象予報士という夢を見つけたばかり。物語序盤でなんとなく2人のすれ違いがあるようで、お互いを想い合う、そんなシーンも多くあります。海のみーちゃん、山のモネというのも対照的で、その2つを繋ぐのが本物語のキーである「天気」というのも大変興味深い構成です。山と海の2つの場面が切り替わるように物語を作り上げ、それぞれの人々や暮らしをつなぐのがモネの役割だと感じます。これからの展開で気になるのがタイトルにある「おかえり」というフレーズ。これから気象予報士としてモネがどんな人生を歩み、人を救っていくのか、彼女なりの真っ直ぐな生き方に注目しています。

ヒロインの性格がユニーク。外見は爽やかな美人なのに、中身はウエットなのです。あの大震災のとき、居合わせなかったという経験が大きな影を落としているのです。それに加え妹に対するコンプレックスがありました。妹は頭がよく行動的で今は家業のカキ養殖をより良いものにするためがんばっています。それに対して自分は、目標もないまま故郷を逃げ出してしまった…。ヒロインが目を伏せてまたは横を向いて「私なんて」と口にする姿に胸がしめつけられます。そんな彼女が「人の役に立ちたい」と思って目標にしたのが、気象予報士でした。カキ養殖でも現在勤めている林業関係でも天気予報が重要、と知ったからです。うつむいていたヒロインが前を向き始め、見ているこちらもわくわくの展開。さらに、恋の予感も!また、海や森など映像が美しいのも見どころの一つです。

主人公モネが気象予報士を目指す物語

おかえりモネのみどころは、まずは、主人公のモネがどのようにして気象予報士資格を勉強していくのかが一番と思います。その間に、今就職している林業関係の仕事はどう継続していくのかも見どころの一つでしょう。
あと、朝ドラで話題になる、誰と恋愛関係になるかというところで、診療所の坂口健太郎か、地元の幼馴染の永瀬廉とどちらとくっつくのかの見どころでしょうか。

おかえりモネの見どころはズバリヒロインであり、この物語の主軸、永浦百音役の清原果耶さんです。果耶さんはアミューズ所属の女優さんです。新人賞や主演女優賞など演技のうまさは折り紙付きです。そしてその清楚な美しい美貌。まさに果耶さんを見ることが見どころと言っても過言ではありません!

基本的には大震災の後の復興と、震災で心に傷をおった人たちの人間模様なのかなと思っています。主人公のモネちゃんも震災の時の自分の無力さがトラウマになって、故郷を離れて就職します。離れてみて、自分が何をやりたいのか自分探しをしている最中です

国家試験合格の勉強の仕方は見どころ

生まれ育った島を出て、山の魅力を知り、そこから天気に興味を持ち気象予報士を目指す、そのプロセスが丁寧に描かれています。清原果耶の自然な演技が素晴らしく、真っ直ぐで感受性の強いモネにピッタリ合っていて朝から爽やかな気持ちになれるドラマです。

「おかえりモネ」の見どころは、モネが目指す気象予報士とはどういうものなのか。どんな仕事なのか。国家試験合格のための勉強の仕方などは見どころです。昨今人気のある国家試験であるため違う意味で朝ドラを視る人もいるのではないでしょうか。アニメを用いた天気に関する簡単な説明などは小学生でもわかるような説明をしています。海と山の関係などの説明がありましたが、非常に解り易い説明でした。様々な人間模様もこれからまだまだ複雑になってくるでしょうが、まずは気象予報士にモネがなるという事がここ数ヶ月の見どころになりそうです。

登米と気仙沼の景色の雄大さと、俳優陣の豪華さだと思います。それだけでなくストーリーも楽しくて、毎朝息子とBSでおかえりモネを見てから仕事に行っています。通勤の車の中でも、NHKにチャンネルを変え、復習しながら通勤してます。夏木マリさんやでんでんさんの登米訛りも絶妙で、イントネーションがちょっと違う時もあるけどほぼ完璧な登米訛りに、演技力が素晴らしいと思います。今後はモネと菅波先生の恋の行方もドキドキです。毎日BUMPの曲に元気をもらい、モネ達にも元気をもらっています。久々に楽しい朝ドラに出会えた気がします。

派手な演出はないが映像はとても綺麗

見どころは丁寧な作りこみだ。派手な演出とかはないが、映像はとてもきれいで、セリフも繊細で丁寧に作られている。無理やり感動させる感じではなく、じんわりと心が温まる作品だ。美しいドラマが見たい人におすすめだ。

夢も何も無かったモネが泊まり込みで働いて山のことや空のこと、実家の海のことを深く知り全て繋がっていると気付き出して天気で人の役に立つと気づき天気予報士の資格を取ろうと決意する。なかなか難しいが自然に関わる仕事をしながら勉強し周りのみんなと仲良くすごして未来へと進んでいく話です。今後恋愛や天気予報士の資格を取ったあとどのようにドラマが進むのかがたのしみです。

モネは高校卒業後、家族の紹介で森林組合に見習いとして就職しました。ただ家を出たいということで森林組合に就職しましたが、働く目的がはっきり分かりませんでした。しかし、森林組合でテレビに出演していた気象予報士と出会い、色々と気象について役立つ情報を教えてもらいました。海の生活、山の生活でも気象の予報が正確に分かると本当に役立つことも肌で感じました。モネは人々の役に立つ気象予報士になりたいと思いました。モネは気象予報士の国家試験を受けることを決心しました。森林組合のお医者様に気象の基礎を教えてもらいながら、毎日少しずつ勉強するモネでした。試験が近づいてきましたが、試験結果がどの様になるかが楽しみです。また森林組合の皆様とモネとの暖かな交流も見ていてほっこりした感じで良いと思いました。最初はちょっと暗めの始まりでしたが、今後の展開が楽しみです。

東北の美景を垣間見れるのは魅力がある

主人公モネが、天気予報士になるまでの道のりが見どころです。震災の時に島にいなかったことで、いた人とはまた別の苦しみがありますが、それが天気予報士になって、故郷の役にたつ過程でどのように変化していくのか見どころです。幼なじみや先生たちとの関係もどうなるか気になります

登場するヒロインが興味のある天気予報を通じて多くの人達の役に立ちたいことを希望し気象予報士を目指す姿が真っすぐで共感できます。悪戦苦闘しながらも一生懸命、地域に貢献する過程が見ていて本当に面白いと思います。

何と言っても、東北の美景を垣間見れるのは、魅力があります。中でも、オランダの風車を連想させる「長沼フートピア公園」に至っては、日本とは思えないヨーロッパの風景を感じさせてくれ、震災による暗い過去を払拭できるシーンが、見所です。

心の葛藤や優しさがリアルに描かれている

「おかえりモネ」の見所は、心の葛藤や優しさがリアルに描かれているところだと思います。震災は、色々な人の心に深い傷を残したのだと思います。実際に津波を経験した人と、そうでない人との間にも大きな溝があるように感じました。
ですが、モネという1人の少女を通して、人間の弱さや強さ。夢を追いかける情熱を体験できるところがとても魅力的です。
そして、人の暖かさや優しさをとても感じられるドラマです。傷ついた人にできるのは、ただ優しく側にいるだけでいいのだと教えてくれるドラマです。

主人公の百音ちゃんが、素人の状態から気象予報士という職を得て、故郷で活躍できるまでの成長物語が軸です。
気象予報士までの道のりはすんなりとはいかず、子ども時代に大きな災害を経験したことで葛藤もあり、それを乗り越えて成り立つ道だという話になっている所が、これまでの最大の見所だと感じました。

モネと家族との関わり方、菅波先生とどう接近していくのかという人間関係も見どころの一つではありますが、やはり、天気を予測できるようになることで、林業や漁業といった自然相手に仕事をされている方々を安全に導けることを教えてくれているというところでしょう。

気象予報士は、一見、人の命とは関係のない職業に思えますが、命を救うことができる職業なのだと身をもって経験していくところが一番の見どころだと思います。

世界観が素敵

一言で言うと、世界観が素敵です。主人公モネ(百音)が気象予報士を目指して日々奮闘していくお話ですが、モネの地元の気仙沼の海、今いる南三陸の山々と、この美しい景色の映像は圧巻でストーリーを通してしっかり映してくれるのも魅力です。モネの実家での牡蠣の養殖、今働いている林業と山から海に繋がって自然を通してそして天気に繋がっていく、気象予報士の夢に向かっっていく姿は元気をもらいます。またドラマ内の会話や間のとり方など、ゆっくりしていてその空気感と景色と、主題歌も含めとても心地が良いです。牡蠣の養殖、林業、天気と今まで知らなかった事を少し知れる知識の勉強にもなり可愛らしいイラストでの解説も分かり易いです。東日本大震災で、モネは悲しい過去を経験し、心の傷も負ってますが、モネの家族の想いや、そこから家族みんなで踏ん張って、乗り越えていこうと、妹の未知も牡蠣の養殖の研究、モネも天気を勉強する事によって実家をより助けようと努力していく姿に涙する場面も沢山あります。またモネの同級生や留米の人々がモネを支えながらも色んな影響を与えていく事や恋の展開なども含めて、見逃せない作品だと思います。

モネが気象予報士試験に合格できるのか、それをどう山の仕事に生かしていくのか、はたまた別の仕事につくのかというモネの成長はもちろん見どころだと思いますが、菅波先生との恋愛模様が今後発展していくのかもチェックすべき点だと思います。

東北大震災から10年、私は人生の中で一度も震災の経験はありません。私の10年はあっという間でしたが、被災された方々は必死に生きた10年だとこのドラマを観て改めて思います。前を向いてそして決して震災を忘れない人々の思いが溢れていると思います。また海と山と空は繋がっていることを強調しています。改めて自然と共存していく道を考えさせられます。

※31日以内に解約すれば0円

2021年6月時点の情報です。最新情報はU-NEXT公式サイトをご確認ください。

ABOUT ME
ヒロセ@ドラマ好き主婦
昼間は家事や育児で時間が潰れてしまう。夜にドラマやアニメを見るのが唯一の癒やし。年中オンラインでドラマ&アニメ&映画見ている主婦です。年間300本以上の映像作品を見ている視点からあらすじや感想を書いていきます。おすすめの動画見放題サービスも要チェックです♪

ブログランキングに参加しています。応援の方よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です