おかえりモネ

おかえりモネ33話の感想!東日本大震災で何も出来なかったと悔やむ

おかえりモネ│みんなの感想や口コミ

おかえりモネ33話のあらすじ、みんなの感想を掲載していきます。

ネタバレ等もあるのでご注意ください。

33話では中村先生と朝岡さんの出会いがわかりました。東日本大震災の時に出会った様ですね。

やはりモネは気象予報士になるべきでしょう!

>>おかえりモネ全話無料で視聴する方法!見逃し配信や再放送について

\全話一気に見るなら/

↑全話一気に視聴する↑

公式:https://video.unext.jp/

おかえりモネ33話のあらすじ

朝岡(西島秀俊)が久しぶりに森林組合を訪れた第32話。第33話では、サヤカ、中村(平山祐介)、朝岡の3人がつながりを持つようになったきっかけを百音が知る。一方、亀島では、未知(蒔田彩珠)が高校を卒業したらすぐに水産試験場で働こうとしていた。数日後、登米が暴風雨に見舞われる。安全のため、同じ部屋でサヤカと夜を明かすことにした百音は、サヤカの木を大切にする思いを聞いて心を動かされる。

おかえりモネ33話みんなの感想

おかえりモネ33話の感想

おかえりモネ33話の感想を視聴者のみんなからコメントをいただきました。

ネタバレ等もあるのでご注意ください

>>おかえりモネ全話無料で視聴する方法!見逃し配信や再放送について

\全話一気に見るなら/

↑全話一気に視聴する↑

公式:https://video.unext.jp/

中村先生と朝岡さんとの出会い

医師の中村先生と気象予報士の朝岡さんとさやかさんがどのように出会い、どうして知り合いになったのかを、モネは知る。

そして大きな台風が近づいて来て、さやかさんと一緒に過ごしたモネは、さやかさんの誕生日が自分と同じで、台風が来た日に生まれたことも知る。

そして、さやかさんがどの様に生きてきたのかも聞かされる。そしてモネはとめの山の神様に導かれてここに来たのだとも言われる。

また、震災での出来事にトラウマを持っているモネに、何も出来なかったと思う人は、今度は何か出来るようになりたいと思うだろう!と言われ、これからの自分の進む道が何となく見えてきたかな?という回でした。

妹が大学進学をしないで、早く就職したがっている所も一波乱有りそうです。

中村先生に出会っていなければモネの人生は違っていた

サヤカが4年前の復興支援で、気象予報士・朝岡、医師・中村と出会っていなければ、百音の人生は違ったものになっていたのでしょうね。

気象予報士を目指すことも、菅波と知り合うことも、その確率は皆無だったはずですから。ひとつの出会いが、出会った当事者だけではなく、周囲の人達の人生に大きな影響を及ぼす。

だから出会いは不思議であり、素敵なんでしょう。これまでの自分は、様々にあった出会いを、あまりにも粗末にしてしまっていたような気がして、反省させられました。

また、33話で最も心に染みたのが、朝岡のひと言でした。復興支援で感じたことでしょう、「何もできなかったと思っている。

でも、そう思った人だけ次は何かできるようになりたいと強く思う、その思いがエンジンになる」の言葉です。仕事でも、プライベートでも、失敗しても「何もできなかった」と考える前に、「やっぱりダメだった」とか「できる訳がない」と思ってしまっていた自分の胸にグサリと刺さりました。

モネの気象予報士という仕事に確信

朝岡さんと中村先生に親交があったとは少し意外でした。

細身で穏やかな性格の朝岡さんと筋骨隆々で豪快な性格の中村先生は正反対だと私は思っていたのですが、二人は東日本大震災をきっかけに知り合っていたんですね。

やはり四年経ったとしても震災の傷は癒えないんですね…

今日は久しぶりにみーちゃんの話も出ていました。みーちゃんは大学に進学せずに就職を考えていると。自分をちゃんと持っていて偉いとは思うんですが、お金のこととか、水産のこととかいろんなことを考えているんでしょうね。

朝岡さんが、リードタイムは気象から危険を予測し回避する時間、つまり大切なものを守ることができる時間とモネに話していました。

やはり人の役に立ちたいと考えているモネに気象予報士という仕事はぴったりですね! 

モネもサヤカさんも朝岡さんも中村先生も自分は何もできなかったのだと多少なりとも思っていたのですね。朝岡さんの、何もできなかったと思う人は次はなにかできるようになりたいと強く思えるという言葉はとても心に残りました。

東日本大震災で何も出来なかった

今日は、意外なつながりを目の当たりにしたと思います。

気象予報士の朝岡さんとお医者さんの中村さんのつながりと、百音ちゃんとサヤカさんです。百音ちゃんとサヤカさんは台風つながりでした。

後、印象に残ったのは気象予報とは未来予想と、それに伴う対策を立てる時間を提供する仕事であるということです。

百音ちゃんは東日本大震災で何も出来なかったことをずっと引きずってきていて、それを口にした相手が朝岡さんだったのですが、朝岡さんたちも同じ想いを持ちつつ、日々を過ごし、これからに活かしていこうとしていたことが印象的でした。

朝岡さんも話を受けた時からずっと気にしていたのだろうなぁと感じ、また寄り添って百音ちゃんのこれからに活かして欲しいと考えていて、この話をしたのだと思います。

何も出来なかったと悔やむ朝岡さん

朝岡さんサヤカさん中村さんの過去の災害のときに助け合った仲間であり今もよき関係が続いていると聞いて少し驚いた百音だけど、かえって自分は何もできなかったことに対する疎外感罪悪感のようなものを感じたかもしれない。

暴風雨がきてサヤカさんの子供の頃からの木にまつわる話を聞く。「木さえあれば人はそれを使っていろんなことができる亅という話にはっとし納得したと思う。

百音もサヤカさんたちと一緒に山や地元に役に立ちたいという気持ちがますます強くなっいってるなと思う。気象予報士の試験は少しあきらめムードだったけどこれを気に勉強を頑張ることになるかもしれないと思った。朝岡さんが「何も出来なかったと悔やんいるようだけど、皆同じ。

次はできるようになりたいと思う亅と言う言葉に励まされる。

百音は自分の後悔のような気持ちに気づいてくれていた朝岡さんに少し心ひかれたのでは?と遠くからみていた管波先生との関係が今後も気になるところです。

4年前の震災

テーマ曲が流れる前に、あぶら麩丼が映っていて食べたいと思った。私も宮城出身なので食べますがとても美味しいです。

今日の夕飯はあぶら麩丼に決定…と思いつつ、ドラマの中では4年前の震災の事を話していて、時間と共に薄れていくけれど、伝えていかないといけないなぁと思いました。

何もできなかった…とモネは苦しんでいましたが、俳優の西島さんが言ったように、出来なかった人の方が多いですよね。次はきっと何か出来ると強く思う…と言った言葉も心に響きました。

また、妹のミーちゃんも進路の事で悩んでいるんだなぁと思った。

そんな時、記録的な大雨の予報。さやかさんとモネは一緒の部屋で夜を過ごすのですが、お互いが台風の時に生まれていたという事実を知り、ビックリしたとともにこんなところに共通点?と笑えました。

>>おかえりモネ全話無料で視聴する方法!見逃し配信や再放送について

\全話一気に見るなら/

↑全話一気に視聴する↑

公式:https://video.unext.jp/

ABOUT ME
ヒロセ@ドラマ好き主婦
昼間は家事や育児で時間が潰れてしまう。夜にドラマやアニメを見るのが唯一の癒やし。年中オンラインでドラマ&アニメ&映画見ている主婦です。年間300本以上の映像作品を見ている視点からあらすじや感想を書いていきます。おすすめの動画見放題サービスも要チェックです♪

ブログランキングに参加しています。応援の方よろしくお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です